大竹市で長持ちして耐久性が高く、ランニングコストの掛からないお家をお探しなら、季美の住まい㈱にお気軽にご相談下さい。
世代を超えて末永く安心して暮らせる住宅をご提供致します。
季美の住まい株式会社
地元で愛されて 70年の実績

末永く使えてランニングコストの掛からない家とはどんな家?

末永く使えてランニングコストが掛からない家とは、どのような建物なのでしょうか?

 

家を建てた後、その家で生活して行くうえで掛かる費用(ランニングコスト)にはいくつかの種類があります。電気代・水道代などの水道光熱費、固定資産税などの税金、建物の維持管理に必要な修繕費などです。ここでは建物を末永く使用し、維持管理する為に必要な修繕費を抑え、世代を超えて末永く安心して暮らせる方法をご紹介致します。

 

皆様は家の修繕費と言われて何を思いつくでしょうか?こちらも障子の貼替から水回りのリフォームまで、様々な工事があるのですが、ここではよくテレビでもCMしている家の外壁塗装を例に考えてみたいと思います。

 

外壁材に一般的な窯業系サイディングを使用すると約10~15年で塗装の塗り替えがとなります。この時30坪前後の一般的な建物で約100万円程度の費用が掛かると言われています。その為、運悪く10年で外壁が傷み塗り替えをすると築30年で300万円、15年外壁がもったとしても、約200万円の費用が掛かってきます。

 

これがもしがガルバリウムなのどの耐久性の高い外壁をしようしたら・・・30年間の塗り替えは必要ないかもしれません。

 

当然、耐久性が高の高い建物では、初期費用も大きくなります。しかし20年30年のメンテナンスを考えると、耐久性の高い材料を頼んでいた方が特になる場合もあるのです。

そこで末永く使えてランニングコストの掛からない建物にするための3つのポイントをご紹介致します。

 

家の耐久性を高める3つのポイント
Check!
安心・安全・長持ち
末永く安心して暮らせる家を建てるために
Point
1

耐久性が高く雨漏りしない屋根

住宅を痛めてしまう大きな要因の一つに雨漏りがあります。雨漏りが発生すると木造の場合、腐朽菌と言う木を腐らせる細菌が発生してしまい、構造材を傷めてしまいます。もちろん鉄骨造の場合は錆を発生させますし、コンクリート造の場合は鉄筋がサビてコンクリートを爆裂させるなどの悪影響があります。

空き家で放置された家の屋根が崩れて倒壊しそうになっている所を見るた事があるかもしれませんが、これは放置されて雨漏りが発生し、家の倒壊が始まっているのだと考える事が出来ます。

このように雨漏りは末永く家を使用する為の天敵となっています。

そこで雨漏りの原因となる屋根材には耐久性の高い材料を使用する事をお勧めします。屋根材で一般的な洋風住宅に使用されるコロニアルやカラーベストと呼ばれるスレート系屋根材は、経年劣化すると割れや釘穴の広がりによる雨漏りが発生します。その為、再塗装が必要になる材料です。ランニングコストを抑える為には、ガルバリウムや瓦なのどの耐久性の高い材料を使用しましょう。

また最近はデザイナーズ住宅と呼ばれるような、軒の出が無く、真四角な建物を見る事があります。この軒の無い建物は雨漏りの原因になる事も多く、また次項の外壁材の痛みも激しくなるので、軒を出さない場合は、雨漏りを起こさないしっかりと計画された施工方法と耐久性の高い外壁材を使用しましょう。

最後に雨漏りと聞くと瓦やガルバリウム、スレート系屋根材などの屋根の材料自体に注目されがちですが、ルーフィングと呼ばれる下地材も雨漏り防止に関わる非常に大切な材料です。

ルーフィング材は最低でも改質アスファルトルーフィングを使用し、しっかりとした雨漏り対策を行いましょう。

Point
2

メンテナンスサイクルが長い外壁材

一般的によく使用される外壁材に窯業系サイディングがあります。この窯業系サイディングは約10年から15年で塗装の塗り替えが必要になってきます。

この時の塗り替え費用は30坪前後の建物で、使用する塗料により違うのですが、80万~120万円程度の費用が掛かると言われています。

外壁塗装を行う場合、そこままでは工事が出来ないので外部の足場の設置などの付帯工事も必要になり、どうしても費用がかさんできます。

また先ほどの話にもありましたが、屋根の軒の出の長さにより、外壁の痛みや汚れも大きく変わってきます。

では、どうして窯業系サイディングは短期間で塗り替えが必要となるのでしょうか?

窯業系サイディングにはタイル調、木目調、石目調など、色々な種類があります。しかし、どれも本物のタイルではないし、木ではないし、石ではありません。

では実際に本物のタイル、木、石を使った外壁ではどうでしょう?タイルは耐久性の高い外壁の代表ですし、木も古い神社やお寺を見れば分かるように、長持ちする材労です。石などはヨーロッパでよく使用されていますが、それこそ何百年も前も建物が今でも残っています。

窯業系サイディングは昭和40年代初めから頃から、それまで左官が行っていたモルタルの外壁塗りを、工場で生産したサイディングを使用し、大工仕事で工事が出来、短期間で簡単に外壁工事が出来ると普及が進みました。

つまり日本の高度成長期に必要とされた、家を大量生産する為に使用されてきた材料です。その為、将来的なメンテナンスの事よりも、早く、安く、大量に家を作る為の材料です。

近年は耐久性が高く、メンテナンスサイクルの長い窯業系サイディングも登場してきています。しかし、それらの材料は非常に高価な材料となっており、窯業系サイディングの最大のメリットである『価格が安い』と言うメリットはありません。

耐久性を高め、メンテナンスサイクルを長くするためにも、窯業系サイディング以外のガルバリウム、塗り壁、木質外壁などを検討してみてはいかがでしょうか?

 

Point
3

壁内結露を抑える工法

現在多くの建物が外壁通気工法を取り入れていると思います。この工法は外壁の最外装(ガルバリウム、サイディングなど)の間と透湿防水シートの間に通気層を設け、壁内に侵入した水分を通気層へと排除する工法となっています。

非常に優れた工法ですが、施工方法が悪いと本来の性能を発揮する事ができません。外壁の通気層を塞ぐ構造になっていないか?室内側の水蒸気の進入をキチンと防ぐ構造になっているかなど、しっかりとチェックしておかないといけません。

しかし、一般の人がなかなか施工状態が良好かどうか判断する事は難しいと思います。その為、やはり信頼できる施工業者を探すことが重要になってくると思います。でも建築を依頼する施工業がしっかりと施工するかどうかと言う判断も非常に難しいのが現状です。そのような場合、現在では外部のNPO法人などで工事中の現場をチェックしてくれる所などもございます。詳しくは、季美の住まい株式会社にご相談下さい。

お気軽にお電話でご連絡ください
0827-43-1177 0827-43-1177
受付時間:10:00~18:00
お気軽にお電話でご連絡ください
0827-43-1177 0827-43-1177
受付時間:10:00~18:00
Access

地元の方々が「家づくり塾」や具体的なご相談のために店舗までお気軽にお越しいただけます

概要

会社名 季美の住まい株式会社
住所 山口県岩国市川西4-5-143
電話番号 0827-43-1177
営業時間 9:00~18:00
HP https://www.kibino-sumai.jp

アクセス

将来を見据えた注文住宅をつくるためのお手伝いとして、「家づくり塾」を開いています。専門知識が覚えられ、資金計画をしっかりと立てられるように開催中です。注文住宅をご依頼するお客様とのヒアリングも実施しています。岩国市にお住まいのお客様がいつでもお気軽にご来店いただける好立地でお待ちします。
特徴

季美の住まい株式会社

季美の住まいの家づくり

季美の住まいでは『一戸一容(一つの建物には、ひとつの形)』の考えのもと、お施主様に最適な世界でたったひとつ、オンリーワンの建物をご提供しています。

また世代を超えて末永く愛される家づくりを行う為、すべての建物で長期優良住宅の認定を取得しています。

自然素材に囲まれた暮らし、冬暖かく夏涼しい環境など、お施主様の希望を実現致します。

新築・リフォームをお考えの方は、是非、お気軽にお問合せ下さい。

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事